近藤歯科医院

宮城県,栗原市,歯科|近藤歯科医院|インプラント,矯正歯科,審美歯科

インプラント矯正

矯正用につくられたインプラントを顎の骨に埋め込み、固定源として使用する事により、今までの矯正治療では難しかった歯の動きを可能とし治療期間の短縮や外科手術(顎を切る等)が必要な患者様の治療も可能にする方法です。

マイクロインプラント矯正

マイクロインプラント矯正とは、直径1.5mm程度のごく小さなチタン製のネジを顎の骨に打ち込み、歯を引っ張って歯列を整える矯正治療です。従来の矯正治療では、作用反作用の法則により、 固定源の歯までが動いてしまい、治療が難しく時間がかかりました。マイクロインプラントは、顎の骨に打ち込むため、絶対的な固定源となり、治療期間の短縮を可能にしました。また、部分的な矯正では、余計な装置を装着する必要がなくなり、簡単に、しかも早く治療する事ができます。

マイクロインプラントのメリット

  • 治療期間が短くなる事が多い
  • 矯正治療上、症状によっては取り外しの装置等 を使って頂く事もありますが、こういった患者様のご協力が最小限ですみます
  • 抜かない治療の幅が広がります
  • 外科手術が適応の場合でも手術なしでの治療が可能な事があります

マイクロインプラントのデメリット

インプラントを埋入する必要があります。その理由として、埋め込む場所やインプラントの種類は症状や目的により異なりますが、埋入部位は重要組織(太い血管や神経等)が無い部分に埋め込みますので、そういった意味での危険性は非常に低いです。