近藤歯科医院

宮城県,栗原市,歯科|近藤歯科医院|インプラント,矯正歯科,審美歯科

インプラント治療の流れ

1. 検査・CT撮影

CT撮影(断層撮影)はからだを輪切りの状態で撮影、見ることが出来るようにする装置です。断層画像からは顎の骨の状態、深さ、厚さ、位置などを正確に確認することが出来ます。

安心で、確実な治療を実現する、ファインキューブ

[ 最新高性能歯科用CTスキャン ]
当院では、最新歯科用CT装置「ファインキューブ(FineCube)」を導入しています。従来の機器よりも放射線量が低く、安全に診断を行えます。また、自分の歯や骨の状態を高精細な3D画像で立体的に見ることができるので、詳細な診査・診断が可能になります。骨の状態をひと目で理解することができるため、術前のインフォームド・コンセントを充実させることに繋がり、不安を感じていただくことなく治療を進めることができます。

2. カウンセリング

診断結果をもとに、コンピュータを使って画面を見ながら一人一人の治療方法やそのためにかかる費用を説明します。治療に関しては、患者様にも現在の状態や治療計画をよく理解していただき、治療を進めて行きますので、疑問・質問等があれは何でもお聞きください。

3. インプラント手術

1. 歯茎を切開しドリルで顎の骨にインプラントを埋入するための穴を開けます。
2. インプラントを埋入します。
3. インプラントを埋入したら、一度歯茎を縫合します。
4. 埋入したインプラントと顎の骨がしっかりとくっつくまで約2~6ヶ月間待ちます。その間は仮歯を入れることができます。
5. インプラントと顎の骨がしっかりと結合したら、再度歯茎を切開し、インプラントにアバットメントを取り付けます。
6. 取り付けたアバットメントに人工の歯を装着し、完成。